トノサマバッタから方角を使った表現を学ぼう

go south 意味英語の方角ですが単純に北や南を表しているだけでなく別の意味で使われることがあります。トノサマバッタを捕まえたときのセリフから方角の意味について学べたことを紹介します。
I caught a migratory locust!
Things just went south for this guy!
トノサマバッタを捕まえた!
こいつのせいで台無しだ!
トノサマバッタの英語名はmigratory(移住性の)のlocust(バッタ)です。しばしば群れをなして農作物を食い荒らす困ったバッタです。このセリフではmigratory(移動する)という言葉に合わせてgo south(南に行く)という言葉を使っています。

方角に別の意味がある

今回のセリフではgo southを「悪化する」という意味で使っています。南は方角的に下になるので物事が低下していくという意味で使われるようになったようです。それでは北と東のgoを使った表現はどうでしょうか?

go north(北へ行く)やgo east(東へ行く)には別の意味はないようです。goは使いませんがhead northで「好転する」という使い方はあります。悪い意味の南に比べて北は良い意味で使われているようですね。

西へ行ったらどうなる?

go west(西へ行く)には「死ぬ」という意味があります。太陽が西に沈むことが理由のようです。そしてgo westといえばペット・ショップ・ボーイズの「Go West」という曲が有名です。

カヴァー曲でオリジナルはヴィレッジ・ピープルですがヒットしたのはペット・ショップ・ボーイズのバージョンです。サッカーの応援歌としても知られていますね。

この曲では西に行くことを「死」というよりも理想郷のように捉えています。PVは東西冷戦の終結を表現していてgo westとは西側諸国(資本主義)のことのようです。

そしてアメリカの西部開拓時代のスローガンでもあり、ゲイの聖地である西海岸のサンフランシスコを目指そうという意味でもあります。

歌詞としてはみんなで西へ行って楽しく暮らそうよといった内容です。和訳された歌詞については検索するとたくさん出てくるので興味がある人は調べてみてください。

方角について意味を知っておくと英語圏の物語や映画をより深く知ることができます。例えば主人公が南へ旅立ったのなら良いことはおきないだろうし、西ならそれは死への暗示か何かカミングアウトすることがあるのかもしれません。

トノサマバッタを捕まえたセリフからいろいろ学べました。そして結局はバッタが進んだ方角が南だろうが西だろうが最悪な方角なのは間違いありません。

Nintendo Switch『あつまれ どうぶつの森』